しののめ信用金庫

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

サイトマップ

インフォメーション

地域貢献・CSR

金融機能にとどまらず、地域の文化的・社会的分野への積極的な参画を通じて、地域社会の活性化のために貢献しております。

しののめ信用金庫と地域社会

■地域行事への参加

 当金庫では、地域との「ふれあい」を何よりも大切にしております。各地域でのイベントやお祭りに積極的に参加するほか、当初より継続して参加している富岡製糸場及び周辺の清掃作業に当金庫職員がボランティアとして参加し、身近な金融機関として地域の皆さまと絆を深めております。しののめ信用金庫は経営理念のひとつに「私たちの思いは地域の未来です」を掲げるとともに、21世紀ビジョンでは「ゆたかな地域づくりへの働きかけ」として企業市民として地域の様々な分野に参画し地域活性化に貢献することを理想の姿として、様々なボランティア活動を行なっております。

■しののめしんきん「ひまわり会」

 ひまわり会とは、当金庫に公的年金受給口座を持つ会員相互の交流と親睦を図り、豊かな生活と健康増進を目指し、生きがいを創造することを目的として作られた会です。年々会員数も増え、現在では5万7千人を超える会となりました。各支部においては日帰り旅行や映画鑑賞などのイベントを実施しております。

■しののめしんきん「経営者懇談会」

 お取引先企業の皆さま相互の異業種交流やビジネスマッチング機会の創出等を目的として、企業経営者の方々で組織する「経営者懇談会」の運営を活発に行っております。
 本会は、全営業地域で組織化され、富岡、高崎、藤岡、前橋の部会ごとに専門講師をお招きした勉強会による研鑽とともに、懇親会を通じて会員相互の交流を図っております。これからも当金庫お取引先の組織化や交流機会の充実を進めてまいります。

■信用金庫の日

 信用金庫業界では、信用金庫法が制定された昭和26年6月15日にちなみ、毎年6月15日を「信用金庫の日」と定めてさまざまな社会貢献活動を行っています。
 当金庫では、献血活動と募金運動に参加・協力をしています。今後も地域社会の一員として社会貢献活動を推進してまいります。

■AED(自動体外式除細動器)の設置

 当金庫では、お客さまや地域住民の方、また通行中の方の心臓発作などによる緊急事態に備え、全営業店および本部の70カ所にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
※AEDとは、心臓がけいれんし、血液を流すポンプ機能を失った状態の心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

環境への取り組み

■環境自主行動計画の策定

 当金庫では、地球温暖化防止施策として「環境自主行動計画」を策定しております。業務上での空調や照明器具の使用について一定の使用基準を設け、「電力使用量」「ガソリン使用量」「コピー用紙使用量」の調査をおこなうことで、職員の意識を高め削減に取り組んでおります。また、電力使用量の削減に向け、毎年5月~10月末までの間、営業店および本部の全役職員によるクールビズの実施や、一部の営業店でグリーンカーテンの栽培等も行なっております。

■電気自動車の導入

 当金庫では、平成23年に環境問題に配慮した電気自動車「アイ・ミーブ」および「リーフ」を導入いたしました。今後も継続した導入を検討してまいります。


ページトップへ戻る
Copyright (C) SHINONOME SHINKIN BANK. All Rights Reserved.