しののめ信用金庫

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

サイトマップ

インフォメーション

金融円滑化管理方針について

金融円滑化管理方針

当金庫は、地域の中小企業者および個人のお客様への安定した資金供給は、事業地域が限定された協同組織金融機関の一員である当金庫にとって、最も重要な社会的使命・役割の一つであることを認識し、当金庫の基本理念である「愛本位主義」のもと、地域における金融仲介機能を積極的に発揮すべく、金融円滑化管理に関する方針を定めます。

1.基本姿勢 当金庫は、法令及び本方針をはじめとする当金庫の諸規程を遵守しつつ、適切なリスク管理のもと、金融仲介機能を適切かつ最大限に発揮すべく、経営の最重要事項の一つとして、金融円滑化に取り組みます。
2.金融円滑化管理体制
  • 理事会の役割
    理事会は、金融円滑化管理に関する方針を定めた本方針を定めるとともに、金融円滑化管理の実効性を確保するため、金融円滑化統括理事及び金融円滑化管理責任者の役割等に係る細目を定めた「金融円滑化管理規程」を策定し、かつ、必要に応じて、その体制が有効に機能しているかの検証等を行います。
  • 金融円滑化統括理事の役割
    融資部担当理事を金融円滑化統括理事とし、金融円滑化管理の適切性、十分性及び実効性の確保に向けて、金融円滑化管理関連部署及び金融円滑化管理責任者に対する指示をはじめ、金融円滑化管理の全般を統括します。
  • 金融円滑化管理責任者
    融資部長を金融円滑化管理責任者とし、理事会及び金融円滑化統括理事の指示のもと、金融円滑化管理の整備・強化を図ります。
  • 金融円滑化管理部門
    融資部を金融円滑化管理部門とし、金融円滑化管理責任者統括のもと、金融円滑化管理に必要な情報を集約し、金融円滑化管理の適切な運営、検証及び必要な改善を行います。
  • 苦情相談窓口
    融資部及び営業店に、金融円滑化に係る苦情相談窓口を設置し、本部各部署営業店が相互に連携して、苦情解決に向け対応します。
3.融資条件変更等の
お申込みへの対応
  • 中小企業・個人事業主等のお客様への対応
    中小企業・個人事業主等のお客様からの新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みに対しては、お客様の事業の特性、状況、改善又は再生の可能性等を勘案し、適切かつ迅速な審査を実施するとともに、真摯に対応します。
    また、他の金融機関、政府系金融機関、中小企業再生支援協議会及び信用保証協会等が関係している場合には、当該関係金融機関等との緊密な連携に努めます。さらに、事業再生ADR手続の実施依頼の確認、株式会社地域経済活性化支援機構からの債権買取申込み等に対しても、同様に当該関係者と緊密に連携し、迅速かつ適切な対応に努めます。
  • 個人のお客様への対応
    住宅ローン等をご利用のお客様からの貸付条件の変更等の相談・申込みに対しては、お客様の財産や収入、生活等の状況を踏まえ、適切かつ迅速な審査を実施するとともに、真摯に対応します。
  • 融資審査の基本姿勢
    当金庫は、機械的・画一的に融資判断を行うことなく、お客様の具体的事情を把握した上で、融資判断を行います。また、過度に担保や保証に依存することなく、事業者のお客様にあっては成長性・技術力・営業力や事業の採算性・将来性を含めた融資判断を行います。
4.お客様へのご支援
  • 経営相談・経営改善等に関する支援
    当金庫は、中小企業や個人事業主のお客さまの経営相談に対して、お客様の抱えている問題と具体的事情を十分に把握した上で、その解決に向けて真摯に取り組みます。また、お客様の経営改善に向けた取組みを積極的かつ適切な支援に努めます。
  • 能力向上への取組み
    当金庫は、各種講習会の実施や資格取得支援等を通じて、お客様の経営実態や成長性及び将来性など事業価値を適切に見極めることができるための、また、お客様の抱えている課題等を解決できるための人材育成と能力向上に努めます。
5.お客様の保護
  • 説明
    当金庫は、「顧客保護等管理方針」に基づき、お客様からの融資又は貸付条件の変更等のご相談・ご契約の際には、これまでの取引関係・経緯やお客様の知識、経験及び財産の状況を踏まえ、適切かつ十分な説明を行います。特に、融資及び貸付条件の変更のお申し込みを謝絶する場合には、できる限り具体的かつ丁寧に理由をご説明します。
  • ご意見等への対応
    当金庫は、「顧客保護等管理方針」に基づき、お客様からの融資や貸付条件の変更等の相談・申込みに関して、お客様からお申出のあったご意見、ご要望及びご相談、苦情などに対しては、これを真摯に受け止め、迅速かつ誠実に対応します。

金融円滑化法第7条第1項の説明書類

■第1,
第6条第1項第1号に規定する法第4条及び第5条の規定に基づく措置の実施に関する方針の概要
  • 当金庫は、事業地域が限定された協同組織金融機関として、金融円滑化が最も重要な社会的使命・役割の一つであることを認識し、当金庫の基本理念である「愛本位主義」のもと、経営の最重要事項の一つとして、金融円滑化に取り組みます。
  • 理事会は、金融円滑化管理方針及び金融円滑化管理規程を定め、金融円滑化管理体制の機能の有効性の検証を行います。また、金融円滑化管理全般を統括する者として金融円滑化統括理事を選任するなどの体制を整備し、金融円滑化について必要な情報の集約と適切な運営、検証及び改善等を行い、金融円滑化管理の整備・強化を図ります。
  • 当金庫は、中小企業者及び住宅資金借入者等のお客様から貸付条件の変更等の相談・申込みがなされた場合、お客様の具体的事情を勘案し、適切かつ迅速な審査を実施するとともに、真摯に対応します。
    また、他の金融機関、政府系金融機関、中小企業再生支援協議会及び信用保証協会等が関係している場合には、当該関係金融機関と緊密に連携し、迅速かつ適切な対応に努めます。さらに、事業再生ADR手続の実施依頼の確認、株式会社企業再生支援機構からの債権買取申込み等に対しても、同様に当該関係者と緊密に連携し、迅速かつ適切な対応に努めます。
  • 当金庫は、経営相談等及び職員の能力向上のための取組みを通じたお客様支援に努めるとともに、貸付条件の変更等に係るご相談・ご契約の際におけるお客様に対する適切かつ十分な説明と苦情相談等への真摯な対応によるお客様保護に努めます。
  • 当金庫は、中小企業者等のお客様の経営相談に対して、お客様の抱えている問題と具体的事情を十分に把握した上で、その解決に向けて真摯に取り組みます。また、お客様の経営改善に向けた取組みを積極的かつ適切な支援に努めます。
■第2,
第6条第1項第2号に規定する法第4条及び第5条の規定に基づく措置の状況を適切に把握するための体制の概要
  • 当金庫は、金融円滑化管理全般を統括する金融円滑化統括理事の選任のほか、金融円滑化管理の整備・強化を図る者として金融円滑化管理責任者を選任するとともに、融資部及び経営相談部を金融円滑化管理部門に選定しました。また、各営業店においては、営業店長が金融円滑化管理を統括し、営業店長及び各担当者が取引先企業等を訪問するなど資金繰り相談に積極的に対応するとともに、お申出の受付から対応の完了までの進捗管理を徹底し、具体的な記録を適切に作成・保存しています。これらの体制によって、本部関連部門と営業店との緊密な連携を図るとともに、金融円滑化について必要な情報の集約と適切な運営、検証及び改善等を行い、当金庫全体が組織として一貫して対応できるようにしております。
  • 当金庫は、金融円滑化管理の状況を適切に把握するために、新規融資及び貸出条件の変更等の相談・申込み時並びに当該申込み等を謝絶した場合における記録を作成し、保存しています。また、金融円滑化管理責任者及び金融円滑化管理部門により、本部関連部門及び営業店に対し、金融円滑化の状況に関する報告を求めるなどの継続的なモニタリングを行っています。さらに、理事会は、金融円滑化管理責任者に対し、定期的にまたは必要に応じて随時、金融円滑化管理の状況を報告させるなどの体制としています。
■第3,
第6条第1項第3号に規定する法第4条及び第5条の規定に基づく措置に係る苦情相談を適切に行うための体制の概要
当金庫は、金融円滑化管理の適正な運用とお客様の利便向上のため、一部出張所等を除く全営業店に「資金繰り相談窓口」及び「住宅ローン返済相談窓口」を設置し、金融円滑化に係る苦情相談を受け付けております。
また、本部に「お客さま相談室(資金繰り相談専用)」(電話番号0120-160-018)を設置しました。
お客様からの苦情・相談等については、内容を適切に記録・保存するとともに、営業店と本部関連部署が情報を共有し、相互に連携して解決等に向けて対応します。
■第4,
第6条第1項第4号に規定する法第4条の規定に基づく措置をとった後において、当該措置に係る中小企業者の事業についての改善又は再生のための支援を適切に行うための体制の概要
当金庫は、金融円滑化管理部門及び営業店が協働し、緊密に連携することにより、貸出条件の変更等を行った後において、経営改善努力を行っている中小企業者に対して継続的なモニタリングや、中小企業者が抱えている問題や具体的事情を把握した上で、経営相談・経営指導及び経営改善指導を行い、その解決に向けて真摯に対応します。また、各種講習会や資格取得支援等を通じて、中小企業者の経営実態や成長性等を適切に見極め、中小企業者の課題等を解決できる人材育成と能力向上に努めます。
■第5,
法第4条に基づく措置の実施状況
「平成25年9月末現在」をご覧ください。
■第6,
法第5条に基づく措置の実施状況
「平成25年9月末現在」をご覧ください。
※中小企業金融円滑化法 期限到来後「貸付条件の変更等の実施状況」 債務者が中小企業者である場合「平成29年3月末現在」をご覧下さい。
債務者が住宅資金借入者である場合「平成29年3月末現在」をご覧下さい。

地域金融円滑化のための取り組みについて

平成22年1月25日

当金庫は、地域の健全な事業を営む中小企業者および個人のお客さまに必要な資金を安定的に供給し、地域経済の発展に寄与するため、以下の方針に基づき、地域金融の円滑化に全力を傾注してまいります。

1.取り組み方針 地域の中小企業者および個人のお客さまへの安定した資金供給は、事業地域が限定された協同組織金融機関の一員である当金庫にとって、最も重要な社会的使命です。
私どもは、お客さまからの資金需要や貸出条件の変更等のお申込みがあった場合には、これまでと同様、お客さまの抱えている問題を十分に把握したうえで、その解決に向けて真摯に取り組みます。
2.金融円滑化措置の円滑な実施に向けた態勢整備

当金庫は、上記取り組み方針を適切に実施するため、以下のとおり、必要な態勢整備を行っております。

  • 平成10年6月、経営相談・経営指導および経営改善計画書の策定等、お客さま支援を行うための専門の組織として経営相談部を設置し、営業店とともに積極的に取り組んでいます。
  • 平成21年12月2日、一部出張所等を除く全営業店に「資金繰り相談窓口」並びに「住宅ローン返済相談窓口」を設置しました。
    詳細はこちら>>
  • 平成22年1月22日の理事会において、金融円滑化管理方針および金融円滑化管理規程を策定しました。また、金融円滑化管理責任者を設置しました。
    金融円滑化管理方針はこちら
  • お客さまからの資金需要や貸出条件の変更等のお申込みに対応する過程で、必要が生じた場合に備え、経営相談部の対象先を広げて、よりきめ細かなお客さま支援等を実施できる態勢を整備しました。
3.他の金融機関等との緊密な連携 当金庫は、複数の金融機関から借入れを行っているお客さまから貸出条件の変更等の申し出があった場合など、他の金融機関や信用保証協会等と緊密な連携を図る必要が生じたときは、守秘義務に留意しつつ、お客さまの同意を得たうえで、これらの関係団体と情報の確認・照会を行うなど、緊密な連携を図りながら地域金融の円滑化に努めてまいります。
4.苦情相談電話の設置 しののめ信用金庫  お客さま相談室(資金繰り相談専用)
電話番号 0120-160-018(直通)
受付時間  平日9:00~17:00

ページトップへ戻る
Copyright (C) SHINONOME SHINKIN BANK. All Rights Reserved.