人材育成・働く環境

人材について

私たちは、社会的な財産として職員をお預かりし、愛ある理想の人材として、また地域へ還元することを最大の使命と考えます。

採用担当メッセージ

愛本位主義のかたち

私たちは、「愛本位主義」という理念のもと、地域のお客さまへ積極的に関わっていきたいと考えています。この理念そのものは非常に抽象的なものですが、目指すのは「愛」をもって地域金融機関としてお客さまの目標や夢の実現のお手伝いをする、というただ一つの方向です。
しののめ信用金庫では、お客さまに対して「おせっかいをやくこと」を大切にしています。相手に関心を持ち、自分に何ができるのかを考え、それを行動に移す。その対象が個人のお客さまでも事業者のお客さまでも、私たちの基本的な姿勢は変わりません。たとえ「おせっかい」と思われても、相手のことを考えた行動を継続していくことが、信用金庫らしいお客さま支援の形であり、信頼関係構築への一番の近道だと信じています。

人材についての考え

しののめ信用金庫では「地域からお預かりした職員を愛ある理想の人材として、また地域に還元すること」を最大の使命と考えています。私たちの仕事は、地域のお客さまに金融サービスを提供することですが、付加価値の高いサービスを提供するためには職員一人ひとりの成長が欠かせません。しののめ信用金庫では、伝統的に人を大切にし、人を育てる風土が醸成されてきました。この人材育成にかける強い思いこそが、しののめ信用金庫が提供する価値の源泉となっているのです。
しののめ信用金庫で活躍している職員に共通点があるとすれば、それは「自主自発の精神」を持った人です。周囲からの働きかけで行動するのではなく、自ら考え率先して行動(挑戦)できる人こそが、目まぐるしく変化を続ける時代の中で、ますます必要とされるのではないでしょうか。私たちは、「自主自発の精神」を持ち、明るく前向きに仕事に取組み、自らの成長を求めるだけでなく、その成長を周りの人に還元できる、そんな仲間とともに地域の未来をつくっていきたいと考えています。

人事部採用担当 瀧本、丸茂、山﨑